株式会社ソルーナは静岡県でハードオフ・オフハウスのFC加盟店を運営しています。

HOME会社案内求人情報店舗物件・出店用地募集
売りたい 買いたい 商品紹介 ハードオフ オフハウス 店舗案内
 
会社案内
社是
「もったいない。おかげさまで。ありがとう」
一人一人が「もったいない おかげさまで」という謙虚な姿勢で、報恩感謝を忘れることなく人を愛し、会社を愛し、地球を愛する心で、永遠の発展に向かって邁進する。自利利他の気持ちを忘れず、お客様と株主様、また今までに出会ったすべての方々の幸せを願い、全力投球していきます。
【社訓】「会社は社員のためにある」
全社員の物心両面の幸福を追求すると同時に、社員相互の信頼。理解を深め、コミュニケーションを密にして、価値ある企業風土の実現をめざし、会社の発展と社会の進歩・繁栄のために貢献していきます。
経営方針
株式会社そるーナは「リユースを通じて、循環型経済社会に貢献してまいります。」
1.人間尊重の厳守
わが社は、その業務の性質上、人の力すなわち高い品性をもった立派な社員の高度な技術等の負うところが大である。
それゆえ会社は社員の多方面の教育・教養の向上に努力し、かつ責任感のある指導者の育成を行う必要がある。
2.株主・社員・経営者の三位一体の原則
企業は株主・社員・経営者の協力によって運営されている。経営者はまず社員の生活をできるだけ充実したものにすることを最大の目的とし、一方会社全体の現実および将来について広く責任を負わなければならない。また人事の管理は常に公正に基づき採用、昇進、任用、配置転換、転職などすべての面で、能力と努力に応じ機会均等、信賞必罰の態度でこれを決定しなければならない。また利益の配分に関しても偏ることなく、三位一体の原則を重視して判断決定する。
3.INNOVATION
全社員は一丸となって合理化、省力化を推進し、新業態・新技術の開発および設備の整備や改善に深い関心を持ち、常に他企業などの動向について研究観察を怠ってはならない。また社員一人一人は自己研鑚に励み各所属部署のエキスパートとなることが求められる。そして常に革新的に進化し続けるハイレベルな組織を構築し、地域No.1の企業を目指す。
4.利益の追求
企業活動の直接の目的は利潤追求である。
まず日常、会計や経理の処理が公明で、一点の疑惑をも残さないようにしなければならないことはいうまでもない。特に取引先に対しては何よりも誠実な会社としての信用を得るよう経営者自らが心がけるとともに、社員をそのように教育指導することが我々の基本的な態度である。それとともに我々は常に専門家としての誇りを持ち、お客様に感謝される会社として、納得の上で適正な利潤を得なければならない。
5.目標の確立と意思統一
目標のない指導は羅針盤のない航海であり、企業は個人の生活と同じように、自らの努力でその存在を維持しなければならない。会社は経営目標を明確にし、この目標達成のために、企業構成員は秩序ある和をもって協力し、この協力によって株主、社員、経営者の生活を維持向上させ、なお地域社会に貢献しなければならない。
会社概要
称号 株式会社ソルーナ
本社所在地 静岡県焼津市高新田1416
設立 昭和62年11月20日
資本金 3700万円
代表者 伊藤 貢
取引先銀行 静岡銀行(大井川支店)、清水銀行(大井川支店)、焼津信用金庫(大井川支店)、第四銀行(新発田支店)
従業員数 95名(正社員22名、パート・アルバイト73名)
事業内容
リユース事業(家電・ソフト・家具・衣料・ギフト・貴金属・ブランド品・ホビー・楽器・スポーツ・アウトドア用品)
【東証1部上場の「(株)ハードオフコーポレーション」のフランチャイズに加盟】
ハードオフ 静岡馬渕店、清水岡町店、藤枝店、吉田インター店
オフハウス 藤枝店、清水岡町店、吉田インター店
沿革
昭和50年9月 「総合電化のイトウ」創業
昭和62年11月 「(株)ハートコミュニティイトウ」設立
平成9年2月 資本金3700万円に増資
平成10年4月 (株)ハードオフコーポレーションのFCに加盟
平成10年11月 ハードオフ焼津店オープン
平成11年4月 ハードオフ島田店オープン
平成13年3月 「中小企業経営革新支援法」の認定を得る。複合店舗の出店準備開始
平成18年8月 藤枝市への出店合意、契約締結
平成19年7月 ハードオフ焼津店・島田店を移転統合、オフハウスとの複合でハードオフ・オフハウス藤枝店オープン
平成20年4月 「株式会社ソルーナ」へ社名変更
平成27年12月 BCP(事業継続計画)策定
平成30年2月 ハードオフ・オフハウス吉田インター店オープン
 
▲PAGE TOP
©SOLUNA Co., Ltd. All Rights Reserved.